読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tomo Tomのアメリカ生活!!

ロサンゼルスでインターンシップをしている23歳です!アメリカでの生活や留学のためになる情報を伝えていきます。

海外での家探しについて

こんにちは!

今回はアメリカでの部屋探しについてご紹介します!

 

アメリカで部屋を探す際は、このやり方で部屋探してみてください! 

 

部屋探しの大まかな流れは以下となります。

①地域の情報収集

②部屋に求める条件を明確にする

③ウェブサイトで部屋を探す

④コンタクトの取る

 

今回の記事では、あくまで部屋探しの部分だけに焦点を当てていきます。

もしどのように部屋を回るべきかや不動業者さんに聞くべき質問等が知りたい場合は、近日公開するので、そちらを読んでください!

 

①地域の情報収集

アメリカは日本以上に危ない地域がたくさんあります。ロサンゼルスだと、スキッド・ロウやサウス・ロサンゼルスなどが危ない地域になります。ですから、日本以上に地域の情報収集はしっかり行いましょう。

【調べ方】

・「地域名 危ないエリア」などで検索し、その地域住んでいる人のブログを確認する

・住んでいた人や住んでいる友人に聞く

以上から得た情報はメモしておき、エリア選びをしましょう。

 

部屋に求める条件を明確にする

日本で住居を探すときと同様です。家賃、交通などの条件を明確にすることで膨大な情報の中から選ぶことができます。また、一つポイントとしては、条件の中でルームシェアはアリかナシかなども考えましょう。アメリカでは、学生同士で1つの部屋を二人以上でシェアしている物件などもあるので、シェアが嫌な人はその部分なども気を付けて探してみてください。

 【方法】

・条件を箇条書きする

・箇条書きの中から優先順位をつけていく

 

③ウェブサイトで部屋を探す

大きく分けて二つの大きなグループにサイトを分けることができると思います。

一つ目は日本人向けのサイトで住居を探す方法

二つ目は現地の人が使うサイトで住居を探す方法

 

f:id:Lander-Terry:20161217111359p:plain

私は両方のサイトを使いながら、家を探しました。なので、決して一つの方法にすれば良いというものではないので、ぜひ色々なサイトを試してみてください!

 

④コンタクトの取る

これは書くウェブサイトにも依りますが、基本的には、テキストメールや電話してみるのが一番だと思います。そして、まだ部屋は開いているのかや物件見学する日などを調整してください。

 

以下が簡単なメール内容になります。

Hi there,

I am looking to rent a room in地域名. Is your room still available?

(自己紹介を入れると信頼が増します。)

 

Best,

〇〇〇

 

コンタクトする際は、ぜひ積極的に連絡していきましょう!コンタクトの数を増やさない限り条件に合うお部屋を見つけるのが難しくなります。

 

以上がアメリカでの住居の探し方になります。

海外での住居探しとあって上手くいかないこともあるとは思いますが、何事も経験なのでぜひいい経験だなと感じながら探してみてください!